MENS同士で出会えるオススメサイト

ランキング1位Men's Club


ランキング2位ゲイ☆パラ


コンテンツが充実しているイケメンのゲイと出会える優良サイト。
様々な方法でパートナーを見つけ出すことが出来ます♪

サポートが非常に充実している冷やかしなしのオススメゲイサイト!
不安な要素が一切ないので、安心して利用可能です!


男性への下心

長い間婚活をしていて、今までの自分を振り返り、いろいろ思い当たることがありました。
私は、バツイチ子持ちで年齢は45才です。
お見合いパーティーやサイトに登録して何回かお会いしましたが、いまだに良い出会いには巡り会えていません。
体だけとかメール途絶えるなんて、当たり前にあります。
年齢が年齢なんで、お相手からも「体目的でも相手にしてもらえるだけ有難いと思ったら」って言われたりします。
結局、自分をもっと磨かないと、いつまでも同じ事の繰り返しやなあって思いましたよ。
ほとんどの男の人は、エッチしたいって心の底では思ってるとおもいます。
それをあっさり許して連絡が来なくなるか、許さないで「もうええわ」って言われるか、それでももう一度会いたいって思ってもらえるかは、結局自分次第なんやなあ・・・と色々経験して思いました。
下心の無い男がいたら、その人はゲイですよ。
海外では当たり前のことですけどね。
だからこそ海外では下心があるかどうか=男として正常に機能するかどうかを先に見てると、海外在住の長い友人が言っていました。
痩せマッチョで、優しくて、下心もなく、何もかもステキな男は100%ゲイです。
まぁそんなことはともかく。
自分を磨いてレベルを上げれば、トラブルにも巻き込まれないし、騙されるような事もないなあっておもいます。
あくまでも個人的な意見ですみません。

人口密度の多い地域

ゲイサイトにはさまざまな種類やコンテンツがあるので、
理想のゲイライフを実現するためには多種多様なメニューを
連携させることが求められます。
即出会ってセックスをしたい男性はモバイル端末を片手に街に飛び出しましょう。
もちろんそのままサイトで話題のハッテン場へ行くのもいいですが、
やはり定期的に会える相手を求めるならば
連絡先もしっかりわかるサイトを使った方がよいです。
出かける前に自分の顔や体など写メを撮影しておくと
画像交換を求められたときにスムーズなので、準備はしっかりと。
なるべく新宿二丁目や大阪の堂山、
福岡の住吉など名の知れたゲイタウンに行けば出会いは多く見つかりますが、
ちょっとノンケっぽいゲイと出会いたいのなら乗り換えができる大きな駅、
人口密度の多い地域に行くべきです。
あらかじめ掲示板サイトで即会えるゲイを募集するよりも
「今○○で一人で飲んでます」と言った方が移動もしやすく、
近くにいるゲイとはすぐに会えるし、自宅にいる男性も気軽に出て来れます。
掲示板は人気サイトを使いましょう。
なぜならあまり人のいないサイトとなると母数も減るためにレスが貰いにくく、
待たされてばかりでなかなか出会えません。
「今からすぐやれる奴募集」といったように自分の要求を明確に文章にしておくと、
目的がはっきりとわかり、やりたい気分になっているゲイがすぐに食いついてきます。
掲示板サイトと平行してチャットやGPS系サイトでも募集をかけると、
より出会いの幅は広がります。位置情報がわかるのでスピードを求めるにはもってこい。
掲示板でメールをくれた相手の返信を待つあいだの時間つぶしになるだけでなく、
場合によっては新たに人数を調達してプレイを楽しむことも出来ます。
掲示板と平行して別の掲示板に投稿すると、
「あまりに出会いのない問題児」だと思われて警戒されてしまいます。
自宅でサイトをみているゲイはいくつかのサイトを
同時にチェックしていることも多いので、
画像の使い回しなんかもすぐにバレます。悪い印象を与えないように気をつけましょう。
即会い即セックスをするためには「場所あり足あり」と
記載するとその確率はグンとあがります。
場所ありとは自宅などセックスができる場所を確保しているということ、
足ありとは車で移動できるということです。 

ゲイ専用SNSサイトの紹介

地方に暮らす私は会社では部長職。趣味は野球と釣りと麻雀、
妻と2人の子供にも恵まれたいわゆる普通のオジサンです。
大学生のころ同性に興味を抱き、セックスの経験も2人ほどあります。
しかしやはり社会の目を気にして今の妻と結婚。
それからは同性とセックスすることはなく、
たまにこっそりパソコンでゲイ動画を見たり、
個室ビデオでビデオを鑑賞するにとどまっていました。
前々から会社の若者に聞いてSNSサイトらしきものの存在は知っていたのですが、
ネットでの交友関係に親しめそうになく、参加したことはありませんでした。
ところがいつものようにパソコンでゲイ動画を検索していると、
その広告スペースにゲイ専用SNSサイトの紹介がありました。
ちょうど有給で家族も家におらず、暇をしていたので何気なく登録。
携帯電話の小さい画面では見にくいですが、パソコンならば文字も読みやすく助かります。
名前や居住地を入力するも、待てど暮らせど誰からもメッセージが来ません。
よほど私に魅力がないのかと心配になりましたが、
ネット掲示板で調べてみるとコミュニティーに入ってみるといいとのこと。
さっそく同年代のコミュニティーに入り、掲示板に書き込みをしてみました。
「今日登録しました、○○県の40代です。お友達からはじめましょう。」すると
さっそく同じ年のYさんから
「コミュ見ました。お友達からお願いします」とメッセージが。
大学を卒業してから会社くらいしか人付き合いのなかった私にとって、
新しい友人ができるというのはなんとも新鮮なことでした。
奥手な私にはペースを考えた付き合い方ができるのもSNSの魅力です。 

カミングアウト

同性愛者であることをカミングアウトするのは、かなりの勇気が必要です。
ましてや、仕事をしていたりすると、カミングアウトしたことをきっかけに周りの見る目が変わり、受け入れてもらえず、
泣く泣く職場を去ることになった・・・などということもあるのです。
ですから、同じような境遇の人との出会いは欲しくても、実際のところは出会う可能性が低いわけです。
周りに知られず、良い出会いはないか・・・そう悩む同性愛者の方は多いのです。
そんな方には、同性愛者専門の出会い系サイトがオススメです。
利用方法、登録方法などは、一般的な出会い系サイトと変わりません。なんらかのSNSを利用したことがあれば、
簡単に登録をすすめていけると思います。それに、無料で利用できるところがたくさんありますから、
料金的な心配をせずに利用できますね。
また、ネット上にある出会いの場ということで、利用している本人が言わなければ、
隣近所はもちろんのこと、会社や学校などの仲間に知られる心配もありません。
まぁ、職場などのパソコンでサイト閲覧をすると、履歴からバレてしまう可能性もありますけど、
携帯電話からのアクセスに対応しているところがあるので、日中は携帯電話からにしておけば、
出会いのチャンスを逃すこともなく安心です。
相手を探す場合も、サイト内の検索機能を利用すれば、複数の条件キーワードで検索して探すことができます。
探すばかりではなく、探されることも考えて、サイト内に公表するプロフィールはしっかりと書き込んでおきましょう。
でも、個人情報となる書き込みはしないよう、注意してくださいね。
同性愛者専門出会い系サイトは、ネット検索でたくさんヒットします。
そこから自分に合いそうなところを探し出して、恋のお相手も探し出してくださいね!

現在の社会ではゲイが理解されやすい環境

ゲイはちっともおかしなことではありません。
ゲイに聞くと「好きな人がたまたま男性だった」というだけで、
異性愛者と同じく普通に恋愛を楽しんでいます。
世間でも以前にくらべて個人の趣味嗜好に寛容になっており、
ゲイについても「別に何とも思わない」と答える人が増えています。
ある学者によると、なんと約90%の男性は潜在的に
同性愛嗜好をもっているとのことです。
ではなぜ実際に男性同士が恋愛関係やセックスに発展することが
少ないのかというと、やはり世間一般で
「ゲイ=異常者」とされる風潮があるからです。
そのため男性に対してカッコイイと感じたり、
ドキッとしてしまうことがあっても「これはあってはならないことなんだ」と
脳が無意識的に同性を愛しく思う感情を封じ込めているのです。
つまり裏を返せばあなただけでなく、
きっかけさえあればどの男性もゲイになりうるのです。
もちろん「自分は男性が好きなのかもしれない」と考えると、
おかしなことではないかと思い悩み、
この気持ちを認めていいものなのかと葛藤するでしょう。
しかし決して自分を責めたりしないでください。ひとりで悩まないでください。
ゲイは性癖のひとつです。太った人が好きな男性がいれば
痩せた女性が好みの男性がいるのと同じです。
幸い数十年前とは違って、現在の社会ではゲイが理解されやすい環境にあります。
ゲイには感性豊かな人が多く、ファッションや芸能界で
多くのカリスマ達が世界を股にかけて活躍しています。
インターネットを使えばさまざまな悩みを当事者として一緒に考えてくれる、
素敵な仲間とも出会えます。焦ることはありません。
自分のペースでゆっくりと、自身を受け入れていきましょう。
自分を嫌いにならず希望を捨てないことが、
自分だけでなくこれからの同性愛者たちにとってよりよい未来をつくっていくのです。 

ゲイ用語

ゲイとは男性を恋愛対象とする男性のことをいいます。
その反対に異性にしか興味のない普通の男性を
「そのケがない」という意味からノンケと呼びます。
ノンケのようにゲイにしかわからないゲイ用語はいくつもあり、
もっとも有名なものでは挿入する側をタチ、される側をウケまたはネコといいます。
このような暗号が存在しているのには、
ゲイが一般の世界で忌み嫌われてきたという背景があります。
たしかに生物学的にみても子孫を残すためには男性と女性が交わる必要がありますし、
男性同士の恋愛が真っ当であるとはいえません。ですが日本のゲイの歴史をひも解くと、
江戸時代をピークに長きにわたって「男色」や「衆道」と
よばれる男性のあいだで快楽をともにする行為はごく自然におこなわれてきました。
織田信長や上杉謙信といった著名な戦国武将がゲイであったことはよく知られており、
以前の日本ではゲイ文化がいかに盛んであったかがわかります。
それが16世紀なかば、キリスト教の伝来によってゲイが罪人として罰せられたことから、
同性間の禁止はタブー視されるようになったのです。
つまりゲイがマイノリティとされてきたのは歴史でみるとむしろここ最近の話であり、
時代によってむしろマジョリティにもなりえてきたということです。
では現代のゲイの立場はどうなのでしょう。
結論からいうと、これからはますますゲイは
一般的な性癖のひとつとして受け入れられ、住みやすい時代になっていくと思います。
テレビでもゲイを公言するタレントが活躍するようになり、
ゲイに対する珍しさや嫌悪感が薄れていきました。
そしてゲイにやさしい世の中になるであろう最も大きな要因に、
ゲイ出会いサイトの登場があげられます。以前ならば男性に対して恋愛感情を抱いたところで、
それを黙って押し殺すしかありませんでした。
しかしインターネットがあれば、ネット検索によって誰にも気づかれることなく
ゲイに関する知識が得られ、その嗜好が決して間違ったものではないことがわかります。
また新宿2丁目などのゲイタウンに勇気を出して赴かなくても、
ゲイ同士の出逢いが簡単に、
それも無料出会いで好みの男性を簡単に見つけることができるのです。

ゲイを覚える男性が増えた

もっともゲイサイトを探すにあたっては、
さほど大きなリスクは見当たらないのが実情です。
本来ならば人気コンテンツにつけこんで利用者を騙したりする輩がいるものですが、
同じ境遇をもつゲイ同士の馴れ合いということもあって
運営者も健全なサイトづくりに勤めています。
運営費用もほとんどが広告費のみでまかなわれており、利用者は無料で楽しめます。
ページの構成や利用規約などをみて、
運営との距離が身近に感じられるようなサイト選びが理想です。
サイト選びに迷ったらとりあえず登録してみて、
理想と違ったりサイトに人が集まらないようだったらやめてしまってもいいでしょう。
最近ではゲイを覚える男性が増えたことで、
利用者とともにサイトの数も増加しています。
1年以上更新のない小規模サイトも乱立していますが、
言わずもがなそういったサイトを使うメリットはまったくありません。スルーしましょう。
ひとつリスクをあげるとすれば、男性同士の絡みに萌える女性、腐女子の存在です。
彼女たちは自分たちの欲望そのままに、
ゲイのコミュニティーに自らをゲイと装ってずけずけと侵入してきます。
ゲイからすれば自分たちは、世間からマイノリティとして弾かれた身分。
日の目の当たらないところでこっそりとゲイライフを満喫しているのに、
そこを腐女子によって邪魔されることは、
生き方を踏みにじられたような感覚に陥り嫌悪感を覚えるのです。
なので彼女たちがゲイのふりをして集まっていそうな、
現実とはかけ離れた2次的な描写で書き込みがされているサイトは、
しっかりと見極なくてはなりません。 

ゲイの世界

イカニモ系、熊系、ブサイク系など女性よりもゲイにモテる、
いわゆるホモウケのよい男性がいます。
イカニモとは「いかにも」ゲイのような容姿をした男性で、
ヘアースタイルは短髪、筋肉ムキムキでヒゲを生やしています。
熊系とは動物の熊のごとく身体がとにかく大柄で、
ビッシリと体毛に覆われた典型的な「男くさい男」です。
外国人に多く見られ、同族を好むために若くて女性らしいゲイを嫌い、
熊系は熊系どうしで関係をもつことが多いです。
ブサイク系とは文字通り、容姿が端麗とは言えない男性です。
しかしゲイの世界では「そこがまたかわいらしい」と彼らがモテる場合も多いです。
他には50歳を越えていい具合に枯れてきたフケ専、
そのフケ専がさらに進んで棺桶に片足をつっこんでいるようなご老人を好むオケ専、
太い眉毛に素朴な表情、どうもあか抜けない芋くさい男性が
タイプというイモ系などがいます。
ここで紹介してきた男性たちはどれもホモウケのよい男性ばかりで、
一般の女性からは声もかけてもらえないような人たちばかりです。
しかしそれが一点、ゲイのなかでは理想の男性像として崇められているのです。
さらにゲイ全般として男性のタイプがバラバラで、
どの男性でもゲイであるならば誰かが食いつくようになっています。
またゲイに興味のないノンケだけに恋心を抱くゲイもいます。
しかしノンケ好きな男性はそのぶん恋を成就させることが難しく、
好きな人に当たって砕けろでアタックすればいいのか、
それともいつまでの憧れの存在や仲のよい友人で終わらせればいいのか、
思い悩むケースが多いです。 

性のマイノリティ

何らかの考えや意識が少数派であること、つまりマイノリティと言いますが、たとえばゲイやレズビアンなどが当てはまります。
マイノリティは、少数派であるがゆえに一般的に理解されにくいことが多いので、マイノリティとしての自覚があってもそれを周囲には言えない、つまりカミングアウトできない人は大勢いいると思います。
理解を示してくれる人も少なくは無いでしょうが、一部の人から歯から買いの対象になったり、敬遠されたりといったことはどうしても無くなりません。
ですから、カミングアウトには非常に勇気が必要なのです。
実際に、ゲイやレズビアンなどの性的マイノリティに属する人は、表立って目立たないだけで、実際には少なくない数がいることがうかがえます。
その証拠に、ゲイ専用の出会い系サイトもかなりの数あります。
ゲイバーに通うのが難しい人は、こういったサイトで恋愛対象を探すことになります。
自分と同じようなマイノリティを身近で見つけるのは難しいですが、ネット上でならば、同じ価値観を持った人と恋愛をするチャンスを見つけるのに友好です。今はいい出会いが見つからなかったとしても、自分を同じ悩みを抱えている人が大勢いるということを知るだけで、大きな安心感につながります。

ネットでカミングアウトする

最近では、テレビなどで自分が同性愛者であることを表に出して、それがキャラとして定着している有名人も珍しくなくなってきましたが、未だに現実ではそういうマイノリティが身近にいることへの受け入れ態勢ができていないのではないでしょうか。
芸能人がゲイならば、それは会話のネタとして面白がったりできますが、友達や知人から同性愛者であることをカミングアウトされると、対応に困ったり、抵抗を感じる人も少なくないかもしれません。
ですから、性的マイノリティの人は、本当に信頼できる人にしか自分の性的嗜好をカミングアウトできないのです。
身近にカミングアウトしたり、相談できる人がいなくても、今はネットを通じて同じような境遇にいる人と知り合ったり交流できる人もいますから、昔よりは状況が良くなっているのではないでしょうか。
ゲイの集まる場所もあるにはありますが、そういう場所に参加するのが難しければ、ネットでも自分の居場所を簡単に探せるのです。ネットの普及は、同性愛者にとっても大きな変革だったでしょう。